いつ起きるか分からない災害に備え、防災グッズを揃えておくことはとても大切です。

でも、防災グッズもかなりの種類があり、何から手を付ければいいか迷ってしまいますよね。

 

そこで提唱されていることが、防災グッズを3段階に分けて準備するという考え方です。

3段階に分けて防災グッズを準備することで、いつ何が必要になるか明確になってくるでしょう。

 

防災グッズを3段階に分けるとはどういうこと?

防災グッズを3段階に分けるという考え方は、防災研究機関の「人と防災未来センター」により提唱されています。

災害発生からの時間経過を考え、外出先での突発的な事態に備える0次、自宅から避難する時の1次、長期的に避難するための2次という3段階に分けて準備していきます。

防災未来センター

では、それぞれの段階の考え方と、必要な防災グッズを詳しく見ていきましょう。

 

防災グッズ 0次の備えとは?

0次の備えは、外出時に災害が発生した際に、その場をしのぐために準備しておく防災用品です。

必要最小限の食料や応急処置の道具を、コンパクトにまとめて準備します。

 

外出時で災害に合うことを想定しているので、準備した防災セットは常に持ち歩くようにします。

小さな入れ物にまとめて、カバンに入れておくといいですね。

ポーチにまとめられることが多いので、防災ポーチなんて呼ばれ方もしています。

 

0次の備えに必要な防災グッズ

0次の備えにまず必要なものは薬です。

外出先で一晩家に帰れないことを想定しているので、常備薬を切らすと大変なことになりかねません。

常備薬

合わせて、怪我をしたときのために絆創膏を持っておくといいでしょう。

絆創膏はテープの代わりとしても使えるので、何かと活躍すること間違いなしです。

 

それから、非常食としてお菓子を持っておくことをオススメします。

災害時は食料が手に入らない可能性が高いので、一時的な飢えをしのぐのに重宝します。

さらに、トイレに閉じ込められたときを想定して、ホイッスルは必ず持っておきたいところです。

 

0次の備えで重要なことは、なるべくコンパクトにまとめるということです。

あれこれ詰め込みすぎて、持ち歩くのが面倒になっては意味がありませんからね。

 

コンパクトにまとめるコツは、普段持ち歩いているものは省くということです。

ポケットティッシュをカバンに常備しているなら防災ポーチには必要ありませんし、お菓子を常に持っているなら食料も省いていいでしょう。

普段持ち歩いているカバンと合わせて、必要なものが全てある状態にするのが理想です。

 

防災グッズ 1次の備えとは?

1次の備えは、災害発生後1日~3日間程度をしのぐために準備しておく防災用品です。

食品や衛生用品など、生活に最低限必要な物を揃えておきます。

また、ヘルメットや懐中電灯など避難する際に必要なものも合わせて準備しておきましょう。

防災ヘルメット4

避難所に移動する際にすぐに持ち出せるよう、バックなどにまとめて保管しておくようにします。

保管場所は、すぐに持ち出せる玄関や寝室などにするといいでしょう。

 

1次の備えに必要な防災グッズ

1次の備えには、防災グッズが一通り必要と思っておいた方がいいでしょう。

災害発生時にサッと持ち出し、数日耐えるための防災用品なので、多様な品が必要になります。

 

災害直後は救援物資もないでしょうから、食料と飲み水を準備しいておかなければなりません。

水道が止まりトイレは使えないかもしれないので、携帯トイレも必要でしょう。

携帯トイレ

避難所に移動することを想定していますので、移動時に身を守るヘルメットや、夜間に歩くとき時のために懐中電灯も入れておくようにします。

また、避難所で情報を収集するための携帯ラジオや、毛布、ブランケットも1次の備えとして準備します。

一般的に防災セットとして売られているものが、1次の備えに必要なものと思えば分かりやすいですね。

 

防災グッズ 2次の備えとは?

2次の備えは、避難後にある程度長期間過ごすために準備しておく防災用品です。

救援物資が届くまでの数日間を問題なく過ごせるよう、ある程度まとまった量の備蓄品を準備しておきます。

 

災害発生直後に持ち出すものではないので、キッチンや押入れなどにしまっておいても大丈夫です。

ただ、非常時に持ち出しやすいよう、持ち運びやすくしておいた方が無難ですね。

防災ポーチ

また、1箇所にまとめておくと、倒壊した家具などにより取り出せないといったリスクも考えられます。

スペースが許すなら、ある程度分散して保管しておけばリスク回避につながりますね。

 

2次の備えに必要な防災グッズ

2次の備えでは、食料品の備蓄がメインになります。

道路が崩壊するなどして、ある程度落ち着いても食料が手に入らない可能性もあります。

そんな状態でも生きていけるよう、1週間分程度は食料と飲料水を準備しておきたいところです。

非常食

それから、水道の復旧の遅れを想定して、簡易トイレも多めに準備しておきたいところです。

水道が止まると不衛生になりがちなので、体調も崩しやすくなります。

少しでも衛生的な環境を保つため、準備しておいて損はありません。

 

防災グッズは2次を中心に備える

防災グッズと言うと、バックにまとめられたものを想像しがちですが、あれは1次の備えに必要なものなのですね。

それ以外にも、災害に備えるべきことは色々とあります。

特に2次の備えは疎かにしがちです。

しかし、大きな災害になるほど2次の備えが効果を発揮しますので、最低でも1週間分の備蓄は確保するようにしてくださいね。