台風による大雨や集中豪雨がもたらす被害は、洪水など水がもたらすものだけではありません。

大雨は地盤を緩くし、土砂災害を引き起こすこともあります。

 

土砂災害は、一瞬にして人命を奪う非常に恐ろしい災害です。

しかも、いつ、どこで発生するか予測するのは非常に困難です。

地震 海岸

予測するのが難しいということは、外部からの情報だけでは身を守るには不十分ということです。

自分で土砂災害の知識をつけておき、迅速な行動をとることが必要となります。

ここでは、そんな土砂災害が発生する前兆や、身を守るためにできることなどを紹介していきます。

 

土砂災害の種類と前兆現象

一言に土砂災害といっても、発生の仕方によって3種類に分けられています。

それぞれ発生するメカニズムが異なり、起こりやすい地形も異なります。

また、メカニズムが異なるため、前兆現象も異なります。ここでは、土砂災害の種類ごとのメカニズムや前兆現象を紹介していきます。

 

土石流

土石流は、山肌や川底の土砂が大雨の影響で一気に下流に押し流される現象です。

時に時速40キロを超えるスピードで民家に押し寄せ、非常に大きな被害を出すこともあります。

基本的には、渓流や河川で発生します。

ただし、山の谷間のような水のない河川でも発生するので、川がないからといって安心することはできません。

土石流

 

土石流では、以下のような前兆現象が起こる可能性があります。

・河川の水が異常に濁る
・河川の水に流木が混ざる
・雨が降っているのに河川の水位が下がる
・土臭い臭いがする
・地鳴りがする

 

このような現象が確認できたら、河川からなるべく遠くに避難するようにしてください。

普段水のない山の谷も危険ですので、なるべく遠くに避難するのが賢明です。

 

がけ崩れ

がけ崩れは、斜面の表面が雨の影響により突然崩れ落ちる現象です。

大雨だけでなく、地震が原因で発生することもあります。

突然発生するうえスピードも早いので、逃げ遅れてしまう人も非常に多いです。

 

突発的に発生するので、予測は非常に難しいです。

そこで、避難する上では前兆現象をしっかりと捉えることが重要です。

がけ崩れでは、以下のような前兆が起こることがあります。

崖崩れ
・斜面から水が湧き出る
・斜面から小石などが落ちてくる
・斜面にひび割れができる
・地鳴りがする
・湧き水が止まる、濁る

 

このような現象を確認したら、崖の近くは非常に危険です。

崖に近い家なら2階も危険なので、ただちに避難場所へ避難してください。

 

地すべり

地すべりは、山の斜面が地下水の影響などにより、広範囲に下方へ動く現象です。

斜面の表層だけが動く表層崩壊と、地盤まで一緒に崩れ落ちてしまう深層崩壊の2種類に分かれます。

いずれにしても広範囲に影響が出るため、被害が大きくなりやすいです。

 

地すべりでは、以下のような前兆が起こることがあります。

地滑り
・地面にひび割れや陥没、段差ができる
・樹木が傾く
・樹木の根っこが切れる音がする
・地鳴りがする、揺れる
・井戸や沢が濁る、枯れる

 

このような現象が確認できたら、土砂災害警戒区域から脱出するように避難してください。早めの避難が、命を守ることにつながります。

 

土砂災害から身を守る方法

土砂災害は、予測することが困難な災害です。

だからこそ、前兆現象をいち早く捉え、迅速に避難することが非常に重要です。

 

ただ、必ず前兆現象が確認できるとは限りません。

それに、前兆現象が発生したときは手遅れの場合もあるでしょう。

 

そこで、まずは自分が住んでいる地域が「土砂災害警戒区域」に入っているかどうか確認するようにしてください。

自分の住んでいる場所が危険かどうか把握できていれば、雨が続いた際に最大限の警戒をすることができるようになります。

 

それから、避難場所も把握しておく必要があります。

いざ危険を察知できたとしても、安全な場所が分からなくては逃げることができません。

ハザードマップ

市町村が作成しているハザードマップを確認して、安全な避難場所や避難経路を確認しておきましょう。

覚えておくのが不安なら、プリントアウトするなどして防災バックに入れておいてもいいと思います。

 

土砂災害から身を守るため、最も重要なことは早めの避難です。

スピードの早い土砂災害では、1分1秒が生死を分けることもあるのです、

「まだ大丈夫」と甘く考えていては、取り返しのつかないことになるかもしれません。

特に、子供やお年よりは移動に時間がかかるため、早めに避難することを心がけましょう。

 

土砂災害を防ぐには?

土砂災害を防ぐため、国では砂防ダムの建設や地盤を強くするための植樹などを実施しています。

このような国の事業レベルでなければ、土砂災害を予防することは困難です。

砂防ダム

個人レベルでできる土砂災害の予防としては、危険区域から離れることが考えられます。

「家が崖のすぐそばにある」といった危険な立地なら、引越しを検討した方がいいかもしれません。

なかなか簡単にできる対策ではありませんが、土砂災害で全てを失うことを考えれば、検討する価値は十分にあると思います。

 

土砂災害に巻き込まれてからでは手遅れ

最近は、集中豪雨など一度に大量の雨が降ることが増えてきています。

それに伴い土砂災害の発生件数も、右肩上がりに増えてきています。

 

つまり、今まで大丈夫だったからといって油断はできないということです。

もしあなたのお住まいが「土砂災害警戒区域」に入っているなら、土砂災害に最大限の警戒が必要になります。

 

土砂災害に巻き込まれてから後悔しても手遅れです。

雨の少ない冬の内に、できることは準備しておくようにしましょう。