地球温暖化の影響もあるのか、最近では突発的な集中豪雨が増えています。

急に空が暗くなったかと思うと、一気にとんでもない大雨が降るので、なかなか回避することも難しいです。

 

このような集中豪雨は、時々ひょうを伴うこともあります。

冬でもないのに大きな氷が降ってきて、遭遇すると結構ビックリします。

雹

少しひょうが降るくらいなら「珍しい」で済みますが、規模が大きくなると色々な被害を及ぼしてしまいます。

ここでは、ひょうによる被害について紹介していきましょう。

 

ひょうとあられの違いは?

ひょうと似たものにあられがありますね。

どちらも空から降ってくる氷の粒です。

 

実はこの二つは、大きさにより区別されています。

ひょうは、直径5ミリ以上にまで成長した氷の塊のことを指します。

一方あられは、直径5ミリ未満の氷の粒を指します。

あられ

あられは5ミリ未満の氷の粒なので、ほとんど被害をもたらしません。

「ちょっと硬い雪」程度の認識ですね。

 

一方ひょうは、5ミリ以上のもの全てを指すので、かなり大きなものまで含まれます。

これまで降ったもので最大のものは、直径30センチ弱と確認されていることからも、ひょうが時に大きな被害をもたらすことが分かります。

 

それほど大きくなるまで空中で成長できる理由は、ひょうが積乱雲で発生することに関係しています。

積乱雲の中では激しい上昇気流が発生しており、その中で水分が凍ることでひょうが発生します。

 

発生したひょうは重いので落下するのですが、強い上昇気流で積乱雲の上部に押し戻されます。

この過程で、他の氷と合わさったり、水滴が付着し成長したりするので、どんどん大きな氷に成長するのです。

そして、上昇気流が支えきらなくなると同時に、一気に地上に降ってきます。

 

なぜ夏にひょうが降るのか?

ひょうは氷の粒なので、冬に降るものと思っている方も多いと思います。

ですが、実はひょうが降りやすいのは、春や秋です。

特に、5月や10月はひょうが降りやすい時期となります。

 

これは、地表が暖かく上空が寒くなりやすいため、積乱雲が発達しやすいことが原因です。

冬は積乱雲ができづらいので、ひょうはほとんど降らないのです。

積乱雲

暑い夏にひょうが降るのも、急激に発達した積乱雲によるものです。

ただ、気温が高すぎるため、ゲリラ豪雨として地上に降ってくることが多くなりますね。

極端に積乱雲が発達した場合なら、ひょうとして地上に降ってくることもあります。

 

ひょうによる被害

ひょうは、ゴルフボール程度の大きさまで成長することもあります。

そんな大きさの氷の塊が、はるか上空から降ってくるのですから、地上に被害が出ないはずがありません。

ここからは、ひょうがもたらす被害について考えていきましょう。

 

建物や車への損害

直径5センチほどまで成長したひょうの落下速度は、時速100キロを超えます。

氷の塊が時速100キロを超えて降ってくるわけですから、ガラスに当たると一発で割れてしまうでしょう。

雹ひがい

建物の窓ガラスはもちろん、車のフロントガラスを割る被害も考えられます。

車体もボコボコになるでしょうから、かなりの台数がダメになりかねないのです。

 

また、農作物にも被害をもたらします。

野菜に直接ひょうがぶつかれば、傷が入って商品にならないでしょう。

また、果物の木の葉を落としてしまい、生育に問題が出ることも考えられます。

 

人への直接被害

大きな氷の塊が、物凄いスピードで降ってくるので、人に当たると非常に危険です。

大量の氷の塊が一気に降ってくるので、避けようもありません。

雹ひがい

身体に当たると、打撲は免れないでしょう。

頭に当たると意識を失う危険もあるので、頭だけは守るようにしたいところです。

 

それから、割れたガラスで怪我をする二次災害も考えられます。

ひょうが降り始めたら、窓ガラスには近づかないほうが安全ですね。

 

停電の被害

空から降る氷の塊は、電線を傷つけるおそれがあります。ひとたび電線が切れてしまうと、大規模な停電が起きることも考えられます。

停電被害

ひょうの被害から逃れるには?

車や建物など、外にむきだしのものはひょうからの被害から逃れるのは困難です。

特に建物は、動かしようがないですからね。

 

車ならまだ、屋根つき車庫に避難すればなんとかなるでしょうが、近くに屋根つきの車庫があるとも限りません。

車で移動するのも、ひょうがぶつかる衝撃を強めるだけなので、諦めておとなしく停車した方がいいと思います。

雹被害3

ひょうが降り始めると、ぶつからないよう建物の中に素早く避難することが大切です。

カバンなどで頭を守りつつ、近くの建物に逃げ込んでください。

素早い避難を実現するためには、ひょうが降る前兆を知っておくことも大切です。

急にあたりが暗くなり、雷が鳴り出したなら警戒した方がいいでしょう。

 

雹はいつでも発生する可能性がある

発達した積乱雲が原因のひょうによる災害は、どこで起きても不思議ではありません。

しかも最近はゲリラ豪雨も増えているので、発生する頻度も上がっているでしょう。

 

一瞬で大量に降り始めるので、いち早い避難が何よりも重要です。

逃げ遅れないようにするためにも、怪しいと思ったら建物内で様子を見るようにしてください。