日本では、梅雨の時期には大雨が降りやすくなります。

これは、日本が大陸と大洋にはさまれた位置にあるので、季節の変わり目に前線が停滞しやすいからです。

 

また、7月から10月にかけては台風も数多くやってきます。

台風も大雨をもたらすので、日本は大雨による被害が非常に多い地域といえるのです。

季節の変わり目

大雨時の防災対策

実際、毎年のように大雨は大きな被害をもたらしています。

中には、人々の命を脅かすほどの災害も発生しており、日頃からの備えが非常に重要となってきています。

 

ただ、大雨による被害と言っても、色々なものが考えられますね。

そこでここでは、集中豪雨や台風など、大雨がもたらす被害の種類について考えていきましょう。

大雨

河川の氾濫、洪水から身を守る方法

大雨による被害で最も怖いのが、河川が氾濫することによる洪水です。

ひとたび洪水が起こると、非常に広い範囲で家の浸水などの被害が出てしまいます。

また、特に川の近くでは、家ごと流れに押し流されるといった危険もあります。

 

個人レベルで、河川の氾濫を抑えることは不可能です。

洪水から身を守るには、なるべく早く避難するしか手はありません。

河川の氾濫

日頃からハザードマップを確認しておき、自宅がどのレベルで危険なのか把握しておきましょう。

また、合わせて避難所と避難ルートも確認しておくと、もしもの時素早く安全に移動ができます。

 

避難する際は、防災グッズを持っていけば、避難所での生活も少しは安心できます。

もしもの時にサッと持って出られるよう、普段から非常用の持ち出しバックを準備しておくようにしてください。

 

避難グッズは、リュックに入れて背中に背負える範囲で準備します。

両手が自由に使えるようにしておかないと、安全に避難することができなくなってしまいます。

 

床上浸水とは

床上浸水とは、家の床より上まで浸水した状態を指します。

浸水した深さが、50センチ以上が一つの目安です。

家の中まで水が入ってくるので、電化製品や家具がダメになる危険があります。

そのため、床下浸水に比べると被害額が一気に7倍まで膨れ上がると言われています。

床上浸水

床上浸水のおそれがある場合は、動かせる電化製品は2階に移動しておいた方がいいでしょう。

もしショートを起こしたら、感電する危険もありますからね。

 

それから、床上浸水のレベルまで周囲が浸水してしまったら、歩いて移動することは非常に困難となります。

外に出るのは非常に危険なので、頑丈な建物の2階にとどまるようにしましょう。

ただ、でき限り床上浸水のレベルに達する前に、避難を完了させるようにしたいところです。

 

床下浸水とは

床下浸水とは、家の床より下までの浸水のことを指しています。

浸水深さ50センチまでが、目安になりますね。

 

家に水が入ってきてはいませんが、雨の状況によっては床上浸水に発展することも考えられます。

そのため、予断は許さない状況と言っていいでしょう。

 

床下浸水レベルでも、歩行には支障が出ます。

また、水により足元が見えなくなるため、側溝やマンホールの穴に落ちる危険もあります。

床下浸水

もし、浸水している中避難することになったなら、探り棒を使い危険がないか調べながら移動した方がいいでしょう。

そして、できるだけ高い位置にある道路を選び、なるべく水に入らないようにします。

 

もちろん、浸水する前に避難してしまうのがベストです。

避難指示が出ていなくても、周囲の状況を判断して早めに避難するようにしてください。

 

土砂災害の予兆を把握する

大雨で怖いのは、水による被害だけではありません。

極端な大雨は、土石流やがけ崩れのような土砂災害を引き起こします。

 

土砂災害は、正確に予測することが難しく突発的に発生します。

しかも、発生したら物凄いスピードで、周囲の物を破壊しつくしてしまうのです。

 

土砂災害も、個人レベルで防ぐことは不可能です。

土砂災害から身を守るためには、なるべく早く避難するしか手がありません。

土砂災害

特に土砂災害は、発生して被害が出るまでのスピードがとんでもなく早いです。

そのため、1分1秒が生死を分けるなんてことにもなりかねません。

 

土砂災害には、以下のような予兆現象が見られます。

 

・小川の水が急に濁る、流木が増える
・小川の水位が急に減少する
・斜面から水が湧き出る
・斜面から小石などが落ちてくる
・斜面に亀裂ができる
・地鳴りがする

 

このような前兆現象が確認できたら、ただちに避難することが大切です。

土砂災害の規模によっては、家が破壊されるおそれもあるので、できるだけ山から離れるようにしてください。

前兆現象がなくても、土砂災害のおそれがある地域の場合、早めに避難することがもちろん大切です。

 

落雷から身を守るには?

発達した雨雲や台風は、大雨を降らせるだけにとどまりません。

場合によっては、激しい雷を伴います。

 

雷の電圧は非常に高いため、人に直撃すると死に至る可能性が高いです。

また、非常に高いエネルギーを持っているため、建物火災を引き起こすこともあります。

 

「雷にあたる確率なんか低い」と甘く見てはいけません。

分かっているだけでも、年間20人程度の人が雷に当たる被害に合っています。

落雷

よく「金属製品を外して、高い木の下に逃げる」なんてことが言われますが、これは全くの間違いです。

雷は高く突き出たものに落ちやすいので、むしろ高い木の下は非常に危険です。

木に落ちた雷が、その下にいる人に流れ込む側撃雷の被害に合う可能性が高くなります。

 

それから、雷は金属を狙って落ちることはありません。

金属製品を外しても、意味はないと覚えておいてください。

 

大雨の時は、すぐに避難するのが重要

大雨による被害から逃れるには、素早く避難することが何よりも不可欠です。

逃げ遅れると、どうすることもできなくなってしまいますからね。

大雨

それから、住んでいる地域によって、大雨による被害は大きく異なります。

川の近くや山の斜面では、どうしても被害が大きくなりがちなのです。

 

まずは、ハザードマップで自分の住んでいる場所の危険を把握してください。

そして、もしあまりに危険が大きい立地なら、家ごと失うおそれも十分ありえるので引越しも検討した方がいいかと思います。

自分の身は自分で守るよう、日頃から備えていってください。