災害発生時は、誰もが家族の安否を確認しようと音声通話が集中し電話回線がパンクします。

連絡をとるのが難しい事態に確実になるので、家族が無事か確認することができません。

 

災害時の安否確認を行う

また、災害発生時は、必要な緊急連絡が一気に増えます。

このような連絡がスムーズに行えるようにするためにも、不要な連絡は控えなくてはならないのです。

災害安否確認

でも、家族の無事くらいはできることなら早く確認したいものです。

それに、家族の安否が確認できないと、不要な救助要請が増え混乱を招くおそれもあります。

 

そこで活躍するのが、緊急時でも確実に連絡が取れる連絡手段です。

ここでは、誰でも使える簡単な連絡手段を3つ紹介していきますよ。

 

災害用伝言ダイヤル

災害用伝言ダイヤルは、NTTが提供する声を録音して伝言を残しておけるサービスです。

災害発生時に使えるようになり、被災者は伝言を残すことができます。

 

伝言を残す方法

使い方はとても簡単。

伝言を残す手順は、次のとおりになります。

 

1.まず「171」へダイヤルします。
2.音声ガイダンスに従い「1」をプッシュします。
3.連絡したい相手の電話番号へかけます。
4.音声ガイダンスに従い「1」をプッシュします。
5.伝言を残し「9」を押したら終了です。
災害伝言ダイヤル

伝言は、1つあたり30秒以内でしか残せません。

そのため、要点をまとめて簡潔に話す準備をしてからかけるようにしましょう。

 

また、一つの電話番号が残せる伝言の数は災害の規模で調節されます。

災害発生時に発表されるので、無駄のないよう使ってください。

 

伝言を確認する方法

伝言を確認する側も、「171」へ電話をかけます。

伝言を確認する手順は、次のとおりになります。

 

1.「171」へダイヤルします。
2.音声ガイダンスの従い「2」をプッシュします。
3.連絡をとりたい人の電話番号へかけます。
4.音声ガイダンスに従い「1」を押して再生します。
5.メッセージが複数ある場合は「9」を押して次のメッセージを聞きます。

 

災害用伝言ダイヤルは、固定電話や携帯電話だけでなくPHSやIP電話、公衆電話からでも使えます。

もしもの連絡手段として、使い方を覚えておくようにしてください。

 

災害用伝言板

災害用伝言板は、安否の状況など100文字程度のメッセージを残せるサービスです。

各携帯会社により、サービスが提供されています。

携帯会社により若干使い方がことなりますので、それぞれ紹介していきましょう。

 

ドコモ

ドコモの災害用伝言板は、震度6弱以上といった大きな災害が発生した際に使えるようになります。

災害が発生すると、dメニューのトップに掲示板へのリンクが表示されるので、そこから伝言を残すことができます。

災害伝言板どこも

または、ドコモの災害用キットというアプリから直接入力することも可能です。

事前に登録しておけば、伝言板にメッセージが登録されたことを自動メールで知らせることもできます。

 

au

auの災害用伝言板も、大規模災害が発生したときのみ使えるようになります。

アプリもしくは専用サイトにアクセスし、伝言を残すことができます。

こちらも事前登録により、伝言板にメッセージが登録されたことをメールでお知らせすることができます。

災害伝言板au

 

ソフトバンク

ソフトバンクの災害用伝言板も、震度6弱以上の大規模な災害が発生したときに開かれます。

「無事です」「自宅にいます」「被害があります」「避難所にいます」「移動中です」「会社にいます」「学校にいます」という選択肢が準備されており、選ぶだけで状況を伝えることが可能です。

 

その他、100文字程度のメッセージも入力することができます。

こちらも事前登録しておけば、メッセージの登録をメールで知らせてくれます。

災害伝言板ソフトバンク

それから、ソフトバンクでは音声による伝言サービスも提供されています。

災害用伝言ダイヤルのような感じで、生の声で無事を伝えることも可能なのです。

 

LINE

電話回線がパンクしても、インターネットは無事なことが多いです。

そのため、インターネット回線を使いメッセージのやり取りをするLINEは、災害時の連絡手段として有効活用できます。

 

LINEは「既読」がつくので、返信がなくてもメッセージを確認できたことは分かります。

これだけでも、少しは安心できますね。

 

グループ機能を使えば、家族全員の安否を一度に確認できます。

事前にルールを決めておけば、最も素早く安否確認が取れるツールといえるかもしれません。

災害伝言板line

さらに、LINEにはGPS機能もついています。

この機能を使えば、自分の位置を詳細に伝えることができます。

もしもの時のために、使い方をマスターしておきましょう。

 

家族間でルールを決めておくことが大切

現在では、電話回線がパンクしても家族の安否が確認できるツールが色々と作られています。

選択肢が多いことは、不測の事態を回避するのに有効ですが、全てが使えると混乱を招く恐れがあります。

災害用伝言ダイヤルにメッセージを残したのに、家族はLINEばかり気にしているといった状態では、スムーズに安否確認がとれません。

災害伝言板

そこで、災害発生時に連絡をとるルールを家族間で決めておく必要があります。

使うツールをあらかじめ決めておけば、連絡が行き違うおそれもありませんからね。

「安否情報はLINEのグループに書き込み、それがダメなら災害用伝言ダイヤル」という風に、インターネットが使えなくなることも考慮してルールを決めておくといいでしょう。

 

災害時の連絡手段は確認しておきましょう

災害発生時は、電話が使えない代わりに色々な安否確認手段が用意されます。

ただ、使い方に慣れてはいないでしょうから、今の内に使い方を確認しておくようにしてください。

 

急に利用することになっても、気が動転して上手くいかないおそれもあります。

日頃からの備えが、災害時にあなたを救ってくれるのです。