一度大きな災害が発生すると、事業を中断せざるを得ない状況となるかもしれません。

そのような事態になっても、なるべく早く復旧させるためにBCPの策定が推進されています。

 

しかし、BCPは策定しただけでは不十分です。実際に実施してみないことには、きちんと機能するかどうかが判断できないのです。

そこで実施するのがBCP訓練になります。

 

BCP訓練とは?

BCP訓練は、災害発生後にどのように事業を復旧させるか考えるための訓練です。

避難訓練や消火訓練などの防災訓練とは、性質が全く異なります。

防災訓練は災害発生時の行動を訓練するものですが、BCP訓練は災害発生後の対応を訓練するというものです。

災害による企業の損失を最小限に抑えるため、各企業でBCPが考えられているでしょう。

しかしその内容は、災害を想定した予想により作られたものでしかありません。

つまり、実際に災害が起こっても機能するかどうか分からないということです。

 

そこで、訓練を実施することにより内容をブラッシュアップしていきます。

もしもの時に備えて、より良いマニュアルを作るために行うのがBCP訓練というわけなのです。

 

BCP訓練を行う3つの目的

BCP訓練も、ただ実施すればいいというものではありません。

しっかりと目的意識を持つことで、訓練に費やす時間を最大限有意義なものにできます。

そこでここでは、BCP訓練を実施する目的を3つ紹介していきましょう。

 

マニュアルの確認と改善

策定したBCPが、実行できないようなものだと意味がありません。

また、想定が甘く実際に実行すると不具合が出ても困ります。

そこで訓練を活用し、マニュアルの有効性と改善点を評価していきます。

 

多くの従業員が訓練に参加することで、様々な視点でマニュアルをチェックできます。

これにより、想定していなかった事態や、対応に無理がある部分などが発見できるというわけです。

 

BCPは、実際に試すことができないので、どうしても想定で作ることになります。

それでも精度を高めるため、BCP訓練は非常に有効な手段となります。

 

BCPの周知徹底

BCPは、基本的に担当者を中心に作られていると思います。

そのため、多くの従業員は内容を深く理解していないことがほとんどです。

これでは、緊急時に「自分の役割が何か分からない」なんてことになりかねないですね。

 

そこで、BCP訓練を実施することで、個々の役割を明確にします。

実際に訓練しておけば、もしもの災害のときも的確な行動が取れるようになるというわけです。

 

防災意識の向上

BCP訓練も、防災訓練と同じく防災意識の向上に役立ちます。

災害による被害を想定すれば、嫌でも「どうにかしなくては」と考えますからね。

 

会社全体の防災意識が向上すれば、対策にも前向きな影響が生まれます。

防災への意識が向上すれば、BCPをより高度なものにすることもできるでしょう。

 

BCP訓練実施のポイント

BCP訓練では、まず机上訓練というものを実施します。

これは、災害発生のシナリオを作成し、BCPに沿った対象法を机上でシミュレーションする訓練です。

特別な準備無しに実施できるので、初めてのBCP訓練としても向いています。

 

机上訓練は、「計画」「実施」「評価」の3段階で考えていきます。

まず、シミュレーションがよりリアルに感じるように、計画段階でできるだけ具体的に被害を想定していきます。

「地震発生」程度のものでなく、「震度7の地震が発生し工場が停電」のように具体的に決めていきましょう。

 

計画が決まったら、訓練を実施します。

BCPの机上訓練は、ワークショップ型とロールプレイング型の2種類に分かれます。

 

ワークショップ型は、状況に応じた対応に選択肢を示し、相談した上で最も適切な選択肢を選んでもらいます。

一方、ロールプレイング型は、選択肢は提示せず個人の柔軟な対応を養います。

訓練のテーマや習熟度に合わせて選択するようにしてください。

 

訓練終了後には、内容を振り返って全体の評価を行います。

この段階で、BCPに不足している点や無理のある点を洗い出していきましょう。

 

訓練で得た評価を元に、BCPをブラッシュアップしていきます。

そして、また訓練を実施することで、どんどんBCPを良いものにしていくというわけです。

それから、机上訓練で十分BCPの内容が精査できたら、実際に行動を伴う訓練を実施してもいいでしょう。

実際に行動に移すことで、討論だけでは分からなかった問題が浮き彫りになるかもしれません。

 

机上訓練に比べて手間はかかりますが、その分より実践的な訓練をすることができるでしょう。

防災訓練と同時に行うのもいいかもしれませんね。

 

企業が取り組みたいBCP訓練 まとめ

BCP訓練も、防災訓練と同じくらい重要な訓練です。

事業を早急に災害から復旧しないと、損害を増やす一方だからです。

損害が増えすぎると、企業は成り立たなくなります。

そうなると、従業員を路頭に迷わせることになりかねないのです。

 

そんなことにならないよう、災害が発生していないうちに入念に訓練をしておく必要があります。

あなたの会社を守るためにも、ぜひ取り組むようにしてくださいね。