スマートフォンの普及により、今では好きなときに好きなだけ情報を得ることができるようになりました。

これは、防災という意味でも非常に有効なことです。

もしもの災害にあったときでも、スマートフォンで情報を得ることで、正しい避難行動をとることができます。

防災アプリ

さらに、防災に特化したアプリも数多く作られています。

このようなアプリをダウンロードしておけば、もしもの時に必要な情報をすぐに探し出すことができるでしょう。

 

おすすめ防災アプリ

ここでは、数ある防災アプリの中から、オススメの物を10個紹介したいと思います。

ぜひ参考にして、もしもの災害に備えてくださいね。

 

Yahoo!防災速報

Yahoo!防災速報は、地震や豪雨だけでなく、熱中症や計画停電など12種類の災害情報を幅広く伝えてくれるアプリです。

自分の住んでいる地域だけでなく、地点を最大3ヶ所登録できるので、実家や職場など気になる場所の情報も、これ一つで確認できます。

防災アプリ ヤフー

たとえ電源を切っていたとしても、重要な防災情報は届きます。

災害時に必要な情報をリアルタイムに得ることができる非常に使えるアプリです。

 

NHK ニュース・防災

災害情報に関わるニュースが閲覧できるアプリです。

NHKが発表する災害ニュースが逐一更新され、タイムリーな情報を得ることができます。

NHKが発表するニュースなので、情報としての信頼性もバッチリです。

防災アプリ nhk

さらに災害時は、テレビのライブ配信も見ることができます。

災害の情報を収集する手段として、大いに活用できるアプリだと思いますよ。

 

ゆれくるコール

ゆれくるコールは、地震の発生を自動で知らせてくれるアプリです。

アプリを起動していなくても、地震の発生を常に通知してくれます。

 

強い揺れだけでなく、震度1から詳しく知ることも可能です。

震源地や震源深さ、マグニチュードまで詳細に分かるので、地震に対する情報は全て得ることができますね。

防災アプリ ゆれくる

ゆれくるコールの情報は、気象庁の緊急地震速報を元にしています。

そのため、信頼度も抜群に高いといえるでしょう。

 

防災情報 全国避難所ガイド

日本全国の自治体が指定している避難所を、13万ヶ所以上網羅しているアプリです。

このアプリをダウンロードしておけば、外出先で被災しても避難所に速やかに移動できます。

また、官公庁や自治体のホームページから情報を得たり、安否情報を登録・確認できるところも嬉しいですね。

 

データベースは随時更新されているので、避難所が変わっているといった心配もありません。

特に外出が多いという方にとっては、必須のアプリと言ってもいいかもしれません。

防災アプリ 全国防災

goo防災アプリ

goo防災アプリがあれば、防災に必要な情報は一通り揃います。

地震や津波、洪水などの速報はもちろん、現在地近くの避難所や安否確認もアプリから可能です。

「たくさんアプリをダウンロードしたくない」という方にとっては、非常にありがたいアプリとなるでしょう。

 

国土地理院・内閣府による「防災アプリ賞」において、2014年から3年連続で入賞しています。

通知機能や言語機能が評価割れての受賞なので、非常に使いやすいアプリと言えますね。

防災アプリ goo防災

@トイレ

@トイレは、現在地周辺のトイレを表示してくれるアプリです。

災害発生時は、トイレも大きな問題になります。

生理現象なので我慢することもできませんし、好き勝手用を足すわけにもいきません。

そこで、最寄りのトイレを表示し、トイレに困らないようにしようというわけです。

防災アプリ @トイレ

ただし、災害時は断水などが原因でトイレが使えるかどうかは分かりません。

そのため、人目につかない場所の確保程度に考えておいた方がいいかもしれませんね。

 

 

MySOS

MySOSは、救命処置の手順などが網羅されているアプリです。

災害で人が倒れたときでも、このアプリの手順通りに処置すれば、適切な応急処置が可能になります。

 

特に、心配停止状態に陥った場合、5分以内の救命措置が生存率に大きく影響します。

もしもの時に人命を救える、非常に頼もしいアプリなのです。

防災アプリ mysos

LINE

防災専用のアプリではありませんが、安否確認にはLINEが便利です。

災害時は、電話回線が使えない可能性が高いです。

そんな状況でも、LINEならインターネットを通じて家族の安否を確認することができます。

 

「既読」の機能を使えば、返信が難しい状況でもメッセージを読んでいることだけは分かります。

また、グループを作っておけば、一度に家族全員にメッセージを送ることもできますね。

災害時も何かと便利なので、使って損はないといえるでしょう。

災害伝言板line

 

radiko.jp

radiko.jpは、スマートフォンでラジオが聞けるサービスです。

防災専用のアプリではありませんが、ラジオは避難時の必須アイテム。

全国88もの放送局が参加しているため、どの地域にいたとしても情報収集することができます。

 

無料版は視聴エリアが制限されていますが、災害時はエリア制限が解かれます。

災害時にラジオは安定しているので、もしもの時に準備しておくといいと思います。

普段もラジオを楽しむことができますしね。

防災アプリ radico

 

高台サーチ

高台サーチは、現在地から最短でいける高台の場所を表示してくれるアプリです。

津波発生時に、逃げる場所を知るために役立ちます。

津波発生時は、いち早く高台に逃げることが何より重要ですからね。

海沿いに住んでいる方や、よく海に行く方はダウンロードしておくようにしましょう。

防災アプリ 高台サーチ

 

防災アプリを活用しよう

SNSなどで簡単に情報を得ることができる世の中ですが、むやみに情報収集するのも考え物です。

災害発生時は世間が混乱しているため、ガセの情報も多く拡散されてしまいます。

そんな中から正しい情報を選択し、適切な判断を下すことが災害時は必要なのです。

 

今回紹介したアプリの情報は、信頼できるものばかりです。

なので、疑うことなく非難行動に活かしてもらって大丈夫です。

 

災害から避難する際は、いらないことを考える時間ももったいないです。

無駄な時間を使わないよう、防災アプリの活用も検討してみてくださいね。