台風の接近や大雨が続いたときには、様々な情報が国や自治体からもたらされます。

その情報を正しく理解し、適切な行動をとることができれば、自然災害からの被害を最小限に抑えることができます。

 

ここでは、災害が懸念される際に発表される様々な情報を詳しく紹介していきたいと思います。

 

気象庁が発表する災害情報

大雨や暴風など、自然災害からの被害を最小限に抑えるため、気象庁から防災気象情報が発表されます。

それが、注意報や警報ですね。

おそらくほとんどの人が耳にしたことはあると思いますが、違いが分かるという方は少ないでしょう。

 

ここでは、注意報や警報について詳しく見ていきましょう。

 

注意報

注意報は、自然災害が発生するおそれがある場合に、注意喚起のために発令されます。

割と頻繁に発令されるので、馴染みのある災害情報といえるかもしれませんね。

注意報には、「大雨」「洪水」「強風」「風雪」「大雪」「波浪」「高潮」「雷」「融雪」「濃霧」「乾燥」「なだれ」「低温」「霜」「着氷」「着雪」という16の種類があります。

 

注意報が発表される基準は種類により様々ですが、命に関わる災害が発生することはありません。

より重大な災害が予想される場合は、警報へと格上げされます。

 

警報

警報は、重大な自然災害が発生するおそれがある場合に、警告のために発令されます。

台風が接近した際などに、発令されるケースが多いですね。

警報には、「大雨(土砂災害、浸水害)」「洪水」「暴風」「暴風雪」「大雪」「波浪」「高潮」という7つの種類があります。

 

人的被害が懸念される重大な災害が懸念されるので、速やかに避難するなどの対応が必要な地域も出てきます。

避難の必要がなさそうでも、不要な外出は避けるようにする必要があります。

 

特別警報

特別警報は、警報の中でも最大級の警戒が必要な自然災害が発生した際に発令されます。

発令された地域では甚大な被害が予想されるため、速やかに避難がする必要があるでしょう。

特別警報には、「大雨(土砂災害、浸水害)」「暴風」「暴風雪」「大雪」「波浪」「高潮」という6つの種類があります。

 

避難と言っても、避難所に移動することだけを指しているわけではありません。

外に出るのが危険な状況では、室内で最大限の安全を確保することも避難ということになります

状況に応じて、臨機応変に対応する必要があるということです。

 

自治体が発表する避難情報

気象庁が発表する防災気象情報とは別に、各自治体が発表する避難情報も存在します。

避難勧告や避難準備といったものですね。

こちらもほとんどの方が聞いたことがあるかと思います。

 

こちらは避難に関する情報なので、災害がより差し迫った状況といってもいいでしょう。

出された情報に従って、適切な行動をとることが重要となります。

 

避難準備

避難準備は、避難勧告や避難指示の発令が予想される場合に前段階として発令されます。

実際に避難する必要はまだありませんが、いつでも避難できるよう準備を進めなくてはなりません。

 

また、お年寄りや障害のある方など、避難に時間がかかることが予想される場合は、この段階から避難する必要があります。

 

避難勧告

避難勧告は、災害による人的被害が発生する可能性が高い場合に発令されます。

避難情報としては2段階目ですが、避難勧告が発令した場合は速やかに避難することが必要です。

 

避難勧告が発令された際は、防災無線やサイレン、拡声器などで避難を呼びかけるケースもあります。

逃げ遅れることがないよう、情報をしっかりと収集するようにしてください。

また、外に出るのが危険と判断した場合は、無理に避難所に移動する必要はありません。

 

避難指示

避難指示は、最も強制力の高い避難情報です。

災害の状況がかなり悪化し、人的被害が出る危険性がかなり高まったときに発令されます。

基本的には、避難勧告で逃げ遅れた人に対し、緊急性を伝えるためのものです。

できる限り、避難勧告が出た時点で避難を完了させていなければなりません。

 

ただし、避難所に行くのが危険という場合もあるかと思います。

そのような場合は、自宅の2階に集まるなど、より安全な場所に移動するようにしてください。

 

ちなみに、避難命令という避難情報は存在しません。

避難命令を待っていたら逃げ遅れる危険もあるので、避難指示が最上級ということを覚えておいてください。

 

避難勧告や避難指示の時は速やかに行動する

避難勧告や避難指示は、出すのが遅れると逃げ遅れる人を作ってしまいます。

そのため、早め早めに出されることがほとんどです。

だからこそ、後になって「避難の必要がなかった」なんてことも少なくありません。

しかし、それで油断して避難をしないという選択を取れば、万が一のときに逃げ遅れることになってしまうのです。

 

自分の身を守るためには、避難情報通りに行動するのがベストです。

もし避難の必要がなかったとしても、被害が少なくてラッキー程度に捉える必要があります。

災害発生時は油断が最も危険なので、楽観的に考えず常に緊張感を持つようにしてくださいね。