中小企業の経営者様・個人事業主様が、無理なく始められる地域、社会貢献活動

 

地震や大雨など、年々増える自然災害から

従業員や家族をはじめとする

大切な命を守る活動に参加していただけませんか?

 

節税効果や広告効果も抜群に高い

一口 年間3万円の協賛金で

企業の防災対策を万全にしつつ

多くの命を守る手助けができます。

 

ぜひ御社も、防災セットの無償配布を通じた地域の防災活動に参加し

企業価値、ブランド価値を上げてください

 

 

企業も防災対策が必要とされる時代

[st-widecolumn bgcolor=”#424242″ shadow=”on”]

御社は、毎年のように来る災害に備えて、万全な防災対策ができているでしょうか?

日本という国は非常に自然災害が多い国で、これまでも毎年のように被害を受けてきました。

記憶に新しい大きな災害だけでも、東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨や台風21号など、甚大な被害をもたらす災害が発生しています。

さらに、自然災害は年々増加傾向にあります。

2018年だけでも、大阪北部地震、北海道胆振東部地震、7月の西日本豪雨など、非常に大きな被害を出した自然災害が複数起こっているのです。

もはや自然災害が日本にもたらす被害は、数十年に一度というような珍しいものでもありません。

毎年発生する可能性のある「身近なもの」として、日頃から対策しておくことが不可欠といえる状況なのです。

[/st-widecolumn]

今後、予測されている大規模災害

さらに2019年以降は、大規模な地震の発生も予測されています・・・

特に、身近に迫っていると予測されている災害は、南海トラフ地震と首都直下型地震です。

この2つの震災は、30年以内に発生する可能性が非常に高いと予測されています。

どちらも甚大な被害予測が立てられていますが、特に南海トラフ地震はこれまでに無いほど大きな被害をもたらすおそれが危惧されています。

もちろん、予測通りになるとは限りませんが、最大で33万人を超える死者、1000万人を越える避難者、220兆円を越える経済損失を生む可能性があると予測されているのです。

これは、東日本大震災の数十倍にも上る被害となっています。

私達が経験したこともないような大規模な災害が、すぐそこまで差し迫っている可能性があると言えるのです。

30年と言うとまだ先のような気もしますが、あくまで「30年以内」なので気を抜くことはできません。

来年地震が起きるかもしれませんし、明日地震が起きる可能性も0ではないのです。

こんな話をすると、あなたを不安な気持ちにさせてしまうかもしれません。

しかし、それだけ危機感を持って防災対策を進めなければならないと、もしもの時に命を守ることができないのです。

だからこそ、現在日本がおかれている状況をお伝えし、災害への備えを進めて欲しいと思っています。

すでに、自然災害は他人事ではありません。

誰もが危機感を持って準備するものとして、対策を進めていく必要があります。

災害への備えは疎かにされているという事実

自然災害は、いつ発生するか誰にも予測できません。

不意に起こる自然災害による被害を最小限に抑えるためには、日頃からの備えがきわめて重要となります。

あなたの大切な人を自然災害の猛威から守るためには、普段からの備えが絶対に必要なのです。

しかし、防災セットなどを準備するといった災害への備えが万全な人はわずか37%にも届いていないのが現実です。

もしかしたら御社も、災害への備えが万全という状況ではないかもしれません。

でもそれは、仕方がないことなのかもしれません。

内閣府が実施したアンケートによると、懐中電灯のような最低限の防災用品を準備している方ですら、40%にも満たないのが現状です。

より防災に踏み込んだ、非常食や飲料水の備蓄、非常用持ち出しセットになると、さらに準備している方の割合は少なくなります。

防災セットを準備していない会社や人々も、必要性を感じていないわけではありません。

金銭的な理由や手間がかかるといった理由から、優先順位が下げられているだけなのです。

特に、30代、40代の子育て世代では、金銭的な負担が防災対策に影響しています。

サラリーマンの平均年収は、年々減少傾向にあります。

そのため、とても防災セットにお金をかける余裕はないという状況なのです。

防災セットを準備していても安心はできない

防災セットを準備しているからといって安心はできません。

なぜなら、防災セットに備えられている物品には、使用期限があるものも多いからです。

だからこそ定期的に中身をチェックして、いざというときに使えるように整備しておかなければなりません。

防災用として売られている保存食や保存水の賞味期限は5年~10年程度、乾電池は3年に使用期限が設定されているものもあります。

つまり、最低でも数年に一度は、中身を確認して入れ替えを行わなければいけません。

現在、防災セットを準備している方や企業は、東日本大震災をきっかけに購入した方が多いようです。

そして、日本に衝撃的な被害をもたらした東日本大震災から、もうすぐ10年が経とうとしています。

つまり、東日本大震災をきっかけに購入した防災グッズは、そろそろ寿命を迎える時期になっているのです。

しかし、震災の記憶が風化しつつある状況で、防災グッズの入れ替えをしている人は少ないようです。

このような状況では、万が一災害が発生して際に、防災セットが使えないということになってしまいます。

防災・危機管理プロジェクトが多くの命を救う

あなた自身の命を守るため、そして大切な家族や友人を守るためにも、防災対策を万全に行い万が一の自然災害の備えることは必須といってもいいでしょう。

ただ、災害に対する備えが万全といえる状況からはあまりにも程遠いのが現状・・・

この状況をなんとかしなければ、後に控える大災害で被害を最小限に抑えることは不可能です。

そこで、災害から1人でも多くの命を守るために、スタートしたのが防災・危機管理プロジェクトです。

(一社)全国中小企業経営支援センターは、防災・危機管理プロジェクトの九州地区の窓口として、防災セットや防災備品の無償提供を行い、1人でも多くの方が災害への備えが実施できるよう活動しています。

防災・危機管理プロジェクトの目的

防災・危機管理プロジェクトの目的は、防災セットの無償配布を通じて、自然災害による被害を最小限に抑える準備を推進することです。

自然災害自体は防ぐことが不可能なので、災害が発生しても被害を最小限に抑える「減災」の意識を持って備えることが重要となります。

そこで必要となるのが防災セットです。

全ての家庭や企業で防災セットが準備できていれば、突発的な災害でも安全に避難することができ、被害を最小限に抑えることができるというわけです。

ところが、防災対策の必要性は感じているものの、金銭的な問題から必要な備品が準備できないという一般の方々や団体も少なくありません。

特に、福祉団体などでは防災セットの数もある程度必要になるため、必要数準備するのもなかなか難しいというのが現状です。

また一般の方であっても、数万円もする防災セットを買うのは躊躇してしまうものです。

防災セットは使う場面があるか分からないものなので、なおさら数万円は高く感じてしまいます。

そこで、防災・危機管理プロジェクトは、企業や団体などに防災セットを無償で配布し、災害への備えを手助けしようというわけです。

一人でも多くの方に防災セットを配布できれば、もしもの災害のときに安全に避難できる方を増やすことができます。

さらに、防災セットの配布活動を通じて、多くの方の防災意識を高めるきっかけとすることもできるのです。

災害から身を守るためには、自分自身の防災意識を高め、自分に必要な備えを考えて準備することが最も重要です。

防災・危機管理プロジェクトを通じて、防災の啓蒙に繋がれば、より多くの命を守る役に立てると考えています。

無償で配布する防災セットは、ご協賛いただいた企業様からの協賛金によりご提供しております。

多くの企業様にご賛同いただければ、より多くの方の人に防災セットを届けることができるのです。

配布する防災セットの内容

配布する防災セットは、緊急時にすぐに持ち出せるタイプのものを準備しています。

背負えるタイプのバッグにまとめられており、オフィスや玄関、リビングに置いておけば、災害発生時にすぐ持ち出せる仕様となっています。

内容も、緊急時に確実に必要な物を吟味してそろえています。

このセットがあるだけで安全に緊急避難ができ、1〜2日程度なら支障なく避難所で生活することができます。

①バック

②非常用飲料水500ml2本(賞味期限5年)

③非常用食料2食分(賞味期限5年)

④単三電池4個

⑤電池式携帯充電器(USBケーブル無)

⑥懐中電灯

⑦携帯トイレ3個

⑧笛・ホイッスル

⑨カイロ2個

⑩アルミシート

⑪雨具

⑫軍手

⑬マスク

⑭ウエットティッシュ(保証期間5年)

⑮スプーン2個

⑯ティッシュ2個

⑰タオル

⑱絆創膏3枚

⑲生理用品4枚

この防災セットは、緊急避難後の短期的な避難生活に必要なものを想定しています。

クローゼットなどにしまいこんでしまっては、緊急時に素早く持ち出すことができません。

非常用の持ち出しバックなので、必ず玄関やリビングなどすぐに持って出られる場所に置いてください。

緊急避難に必要な物を吟味した防災セットなので、長期的な避難生活には適していません。

このセットの配布をきっかけとして、ご自宅や会社内に最低でも3日程度生活できる備蓄を準備することが理想です。

それから、準備している防災セットにも使用期限や賞味期限が定められています。

無駄にならないよう期限が近づいたものは消費し、定期的に中身を見直すようにしてください。

防災・危機管理プロジェクトに参加する特典

防災・危機管理プロジェクトは、皆様の善意により運営することができています。

これまでにも多くのご協賛をいただいていますが、より活動の幅を広げるため、さらに多くの方々からの善意を必要としております。

私たちの活動は、企業様に直接的なメリットがある活動ではないかもしれません。

売上や業績を伸ばすタイプの活動ではないので、あなたの善意だけがご協賛いただく頼みの綱なのです。

ただ、私たちも企業様にご賛同いただいた分はお返しをしたいと思っています。

そこで、ご協賛いただいた方へは、いくつか特典をご用意いたしました。

ここでは、防災セットの無償配布活動に参加することで得られる特典を紹介していきましょう。

特典1:ご協賛一口につき防災セットを1セットお送りします

まず、ご協賛いただいた企業様には、一口につき防災セットを1セットお送りいたします。

現状、防災対策を実施できていない企業様にとっては、スタッフの人数分ご協賛いただくだけで災害への備えを完了できるというわけです。

企業が防災対策を実施することで、スタッフもより安心して働くことができるようになります。

ただ、必要な防災グッズを吟味して、1から全てを揃えるのはなかなか大変な作業です。

本業も忙しいでしょうから、なかなか防災グッズを検討するのも中小企業では難しいですよね。

そこで、簡単に導入できる防災対策としてご活用いただければと思います。

特典2:あなたがご指定する方にも防災セットをプレゼント

あなたがご指定する方や企業に、防災セットを1セットお送りいたします。

ご両親やご友人、お世話になった方、お世話になっている取引先などへ、プレゼントとして送ることができるのです。

特に取引先へプレゼントすれば、防災にも力を入れる信頼のおける企業であることをアピールすることにもつながるでしょう。

もちろん送り主は、ご協賛者様のお名前でお送りいたします。

書類を同封して、防災・危機管理プロジェクトの趣旨と、あなたからのプレゼントであることもしっかりお伝えするのでご安心ください。

特典3:HPやSNSで告知するので広告としての効果も抜群です

ご協賛いただいた企業様は、(一社)日本地域経済再生機構と(一社)全国中小企業経営支援センターのHPに協賛・応援企業として掲載させていただきます。

また、防災グッズの中にも協賛企業様のご紹介も入れさせていただきますので、企業のPR活動の一環としてもご活用いただけます。

ホームページへのリンクも設置しますので、社会貢献に力を入れる企業として抜群の宣伝効果が期待できます。

さらに、ご協賛いただいた際には、ツイッター、フェイズブック、インスタグラムなどのSNSで告知も致します。

特にツイッターのフォロワーは、開始から半年足らずで3000人を突破しているので、PR効果にも期待できるかと思います。

無駄な広告にお金をかけるくらいなら、防災・危機管理プロジェクトにご協賛いただいた方が有意義なお金の使い方といえるでしょう。

もちろん、本来の目的である地域貢献にもつながりますので、一石二鳥のお金の使い方といえるのです。

ちなみに(一社)日本地域経済再生機構は、地域を活性化し発展させることを目的として活動している団体です。

主に一部上場企業や県政・市政とプロジェクトを組み、中小企業の活性化を中心に、様々な活動を展開しています。

今回ご紹介している防災・危機管理プロジェクトは、(一社)日本地域経済再生機構のプロジェクトのうちの1つです。

(一社)全国中小企業経営支援センターは、プロジェクトの理念に共感し、防災・危機管理プロジェクトの九州地区の窓口を務めています。

特典4:ロゴやバナーを使って社会貢献活動をPRできます

ご協賛いただいた企業様へは、防災・危機管理プロジェクトのロゴとバナーをお送りいたします。

名刺にロゴを入れたり、会社のホームページにバナーを貼り付けたりすることで、防災・危機管理プロジェクトに協賛していることをPRすることができます。

さらに、イベントなどで配布するパンフレットにも、ご協賛いただいた企業や個人の名前を記載いたします。

イベントなどの回数が増えれば増えるほど、社会貢献活動に積極的な企業として認知されていくことでしょう。

社会貢献活動のPRに、大いにご活用いただけるかと思います。

特典5:活動報告とイベントへのお誘い

活動状況は各種SNSで発信するほか、メールでもご報告いたします。

活動実態のない怪しい団体ではありませんので、その点はご安心ください。

皆様の善意を悪用するようなことは、絶対に致しません。

また、防災セットの配布イベントにご参加できそうならお誘いすることもあるかと思います。

同じ志を持つ仲間と出会うチャンスですので、お時間があるようでしたら振るってご参加いただけたらと思います。

イメージアップや認知度アップなどの間接的なメリットもあります

ご協賛いただく企業様へは特典をご用意しているほか、様々なメリットも考えられます。

最も分かりやすい効果はイメージアップです。

防災の啓蒙のような社会貢献活動に力を入れる企業は、優良な企業として認知されやすい傾向にあります。

もちろん、イメージアップなどを目的とした活動ではありませんが、間接的な効果として以下のようなメリットも考えられます。

メリット1:税金対策にもつながります

ご協賛いただいたお金は、会社の経費として計上できます。

つまり、節税対策にも使えるということです。

余分な税金を支払うくらいなら、スタッフの安全のためや、一人でも多くの命を救うために使った方がいいと思いませんか?

防災・危機管理プロジェクトにご協賛いただければ、スタッフの労働環境の改善と社会貢献が一度に達成できるのです。

しかも、社会貢献に直接繋がる活動なので、イメージアップ効果も抜群に高いです。

企業として税金を納めることも素晴らしい社会貢献ですが、一般的にはイメージアップに繋がることはありません。

むしろ、節税していると悪い印象をもたれてしまうおそれもあります。

その点、防災・危機管理プロジェクトなら、企業イメージを向上しつつ節税することができる、費用対効果の高い経費の使い方といえます。

メリット2:地域住民の認知度向上に役立ちます

防災への取り組みは、地域への貢献活動としてもアピールできます。

災害発生時には、地域の方々が助け合って難を乗り越えることが不可欠です。

これは、地域に密着して活動する、中小企業にも同様のことが言えます。

そこで最近では、地域活動の一環として、防災への取り組みが企業にとって欠かせない要素として注目されています。

防災活動に取り組み、災害が起こった時の「駆け込み寺」のような存在になることができれば、地域の皆様から信頼される企業になることができるでしょう。

地域に密着した防災活動は、自社の認知度の向上にも役立ちます。

地域の皆様からの認知度が向上すれば、きっとあなたのビジネスは発展していくことでしょう。

メリット3:CSRの取り組みとして地域貢献活動をPRできます

CSRとは、企業が果たすべき社会的責任を指すビジネス用語です。

企業には、利益を追求するだけでなく、環境への配慮や地域社会への貢献など社会的責任も要求されます。

これは、大企業だけではなく中小企業にも求められています。

防災・危機管理プロジェクトへ参加する企業は、CSRへ取り組む企業として社会的な信頼がアップし、企業イメージを向上します。

防災の啓蒙活動に賛同する企業に、悪い印象を持つ人はいませんからね。

さらに、CSRに関わる取り組みは、ステークホルダーの理解を得るためにも効果的です。

円滑な資金調達が可能となったり、販路が拡大したり、企業のブランド力が向上したりと、あなたの企業を発展させる力となることでしょう。

防災・危機管理プロジェクトに参加することで、企業の価値を高めることにも繋がるのです。

メリット4:従業員の意欲と防災意識がアップ

社会貢献活動は、従業員の満足度を高めるひとつの要素として注目されています。

社会的に意味のある活動に積極的な会社に勤めているのと、社会を無視して利益だけ追求する会社では、前者の方が働きがいがあるのは明らかですからね。

防災・危機管理プロジェクトへの参加は、企業の社会貢献活動の一環として従業員の意欲を引き出す効果にも期待が持てます。

それから、防災・危機管理プロジェクトは、そもそも防災を啓蒙する活動なので、従業員の防災意識を高めることにも非常に役に立つでしょう。

企業の防災対策を進めていく上で、従業員からの理解は非常に重要です。

従業員の理解を得ずに防災対策を進めても、形だけの意味のないものになってしまいます。

従業員が防災に対する意見を積極的に発信するようになれば、企業の防災対策はより良いものとなるでしょう。

従業員の協力は、企業防災を推進する上で非常に大きな力となります。

メリット5:協賛・応援企業同士のつながりができます

防災・危機管理プロジェクトには、非常に様々な業種の企業様からご協賛いただいております。

そのため、ご協賛いただいている企業同士で、横のつながりができることも考えられます。

もしかしたら、あなたの企業にプラスとなる企業様との出会いがあるかもしれません。

防災イベントも実施していきますので、他の企業様と顔を合わせる機会も多数ご用意できることと思います。

積極的に参加し、防災を啓蒙する仲間と繋がることで、ビジネスやプロジェクトのチャンスも増えることでしょう。

逆に、防災・危機管理プロジェクトに参加するデメリットといえば、直接売上には貢献しないことくらいでしょう。

しかし、そもそも経済活動とは全く異なる活動なので、損得で考えるものではないのです。

それでも、ご協賛いただける企業様には、最大限のお返しをしたいと考えています。

企業様にとってもメリットが大きい、全ての人が幸せになる活動であると自信を持って活動しているので、あなたも私たちの仲間に入ってくれればと思います。

これまでの活動実績

防災・危機管理プロジェクトでは、これまでに児童養護施設を中心に、防災セットや非常用飲料水の寄付を多数実施してきました。

寄付を行った団体は以下の通りです。

社会福祉法人 聖ヨハネ学園

社会風刺法人松柏会 松柏学園

社会福祉法人 海の子学園

社会福祉法人六踏園 品川景徳学園

社会福祉法人わかくさ会 若草寮

社会福祉法人福田会 広尾フレンズ

社会福祉法人 愛児の家

社会福祉法人若福会 若江学園

社会福祉法人 高津学園

これからも、より多くの団体に防災セットを届けることができるよう、防災・危機プロジェクトをより拡散していかなければならないと感じています。

さらに、ツイッターでは防災セットのプレゼント企画も開催しました。

10名様にではありますが、応募するだけで防災セットをプレゼントする企画を開催し、多くの方に参加していただきました。

これまでに2度開催しており、非常に好評を得た企画です。

このように、団体に寄付するだけでなく、これからも一般の方にも配布できるよう様々なイベントを企画していく予定です。

一人でも多くの方へ防災セットを届けるために、活動範囲をさらに広げている最中です。

ご賛同いただける方なら、どなたでもご協賛いただけます

一人でも多くの方に防災セットを届けるため、防災・危機管理プロジェクトへご協賛いただける方を募集しています。

企業様はもちろん、一般の方でも活動にご賛同いただけるのであれば、ぜひご参加ください。

もしあなたが、株主や出資者、役員からの理解が得られず企業での参加が難しいと感じるのであれば、個人名でのご協賛も可能です。

協賛金は、企業でも個人でも一律、一口あたり3万円とさせていただきます。

もちろん、何口でもご協賛いただけますし、一口からでも大歓迎です。

ご賛同いただける企業様は、以下のフォームよりお申し込みください。

あなたの善意が、多くの人を助ける力となると信じています。

【申し込みフォーム】

ちなみに一口分の協賛金で、2〜3つの防災セットを準備することができます。

1つはご協賛いただいた企業様へ、もう1つはご指定の方へお送りいたしますので、残りを配布していくという形です。

ある程度配布する防災セットが揃いましたら、イベントや各施設にお配りしていきます。

プロジェクトのスタートから半年程度しか経っていませんが、すでに20社以上の企業様からご協賛いただいております。

これまでに、ご協賛いただいている企業様は以下の通りです。

・株式会社KASIKA様

・株式会社ナレッジマネジメント研究所様

・一般社団法人ライフデザイン・アカデミー様

・株式会社POC様

・株式会社 ユニプラス様

・日本ESP 株式会社様

・株式会社イル・ヴリール様

・秋山社会保険労務士事務所様

・大阪ペット霊園社様

・都エージェンシー 株式会社様

・株式会社ドリロボ様

・株式会社IMO様

・株式会社JSTC様

・Connect Innovation株式会社様

・株式会社Silver Back様

・昭和商事株式会社様

・合同会社SukimaIndustry様

・株式会社Fianco様

・株式会社東和製作所様

・m&m’s株式会社様

・株式会社 ビアンコジャパン様

・社会保険労務士法人プレミアパートナーズ様

・衣笠・いまい合同税理士事務所様

・株式会社携com様

その他、様々な企業様から続々とご協賛いただいております

活動にご賛同いただけるなら、ぜひ一緒に防災の啓蒙活動を推進していきましょう。

防災・危機管理プロジェクトではあなたの善意を必要としています

防災・危機管理プロジェクトにご賛同いただいたからといって、業績が良くなるというものではありません。

防災セットの配布を通じて、災害から大切な命を守るための活動になります。

まだ小さな活動ですが、一人でも多くの人命を守ることに繋がる有意義な活動だと信じ全力を尽くしています。

発足してまだ半年もたたないプロジェクトですが、すでに協賛・応援企業様から100口以上のご協賛をいただいております。

今後も一人でも多くの方に防災セットを無償で届けることで、防災を推進していきたいと思っております。

もしもの災害が発生した時に、一人でも多くの命を守るため、ぜひご協賛いただければ幸いです。

【申し込みフォーム】