防災の日という記念日があることをご存知ですか?

毎年9月1日と決められており、各地で防災にちなんだ様々なイベントが催されています。

 

防災の日をご存知ですか?

南海トラフ地震や首都直下型地震が予測される現在、防災への関心はどんどん高まりつつあります。

 

防災の日1

そんな中、防災の日を有効に活用すれば、さらに防災意識を高め被害を最小限に抑えることができるはずです。

ここでは、防災の日に開催されるイベントや、防災の日の由来などを紹介していこうと思います。

 

防災の日とは?

防災の日は、地震や台風などの自然災害への認識を深め、普段からの備えを確認するために制定されて啓発日です。

1960年に内閣の閣議了解により制定されました。

防災の日2

また、9月1日を中心とした前後1週間は、防災週間として定められています。

この1週間では、防災を啓蒙するために行事や訓練が開催されます。

 

9月1日というのは、1923年の関東大震災が発生した日に由来しています。

多大な被害を出した関東大震災の教訓を忘れない意味を込め、防災の意識を高める日としたのですね。

 

また、9月は台風シーズンを迎える時期にあたります。

毎年台風は、各地に大きな被害をもたらしているので、地震や風水害への意識を高めるには最適の日といえるのです。

 

防災の日に実施されるイベント

防災の日やその前後の防災週間では、各地で防災に関するイベントが開催されます。

ここからは、主なイベントをいくつか紹介していきましょう。

 

防災訓練

全国の自治体や自治会では、様々な防災訓練が開催されます。

ほとんどの自治体で行われているので、お住まいの地域の防災訓練を探してみてください。

訓練内容は、避難訓練から火災の消火、応急救護など多岐に渡ります。

防災訓練

防災訓練への参加は、災害への知識を深めるだけでなく、ご近所さんとの接点を作ることにも役立ちます。

災害発生時は、ご近所さんとの助け合いも必要になるでしょうから、親交を深めるきっかけにすることも大切なのです。

もし時間が合うようなら、積極的に参加するようにしてください。

 

各種表彰式

毎年、災害時に防災活動や防災意識の普及、防災体制の整備などで貢献した人物や団体の表彰が行われています。

受賞者は、1年間の活動をもとに、著しい活躍があった団体や個人を内閣府が決定しています。

2018年は、9個人30団体が表彰されています。

防災表彰式

出展イベント

公園や広場などでは、出展イベントが開催されるところもあります。

企業や行政などの展示ブースもあり、防災についてされに知識を深めることができるでしょう。

 

当日は、飲食の屋台も出店することが多いようです。

1日通して楽しめるため、防災に学びながら休日を満喫することもできるでしょう。

防災イベント

それから、場所によっては地震体験車や消防車に触れられるイベントも開催されます。

特に地震体験車では、リアルに震災を体験できます。

ぜひ一度体験してもらいたい防災訓練なので、見かけたら参加してみてくださいね。

 

その他の防災に関する記念日

9月1日の防災の日以外にも、日本では防災にちなんだ様々な記念日が制定されています。

ここからは、防災にちなんだ記念日を色々と紹介していきましょう。

 

防災用品点検の日

3月1日、6月1日、9月1日、12月1日は、防災用品点検の日として定められています。

これは、防災アドバイザーの山村武彦氏が制定したものです。

防災用品を揃えていても、もしもの時使えない状態なら意味がありません。

そこで、日頃から点検を行い、きちんと使える状態の防災用品を備えておこうというわけです。

 

防災とボランティアの日

毎年1月17日は、防災とボランティアの日として定められています。

この記念日は、阪神・淡路大震災にちなんで制定されました。

阪神・淡路大震災では、学生を中心としたボランティアが活発化しました。

このことから、阪神・淡路大震災が発生した1995年は、日本のボランティア元年とまで言われているのです。

防災とボランティアの日

防災とボランティアの日は、ボランティア活動への認識を深め防災活動を強化するために、内閣の閣議了解により制定されました。

1月17日を中心に、前後一週間は防災とボランティア週間となっています。

この週間では、各地でボランティアに関わる講演会や講習会が開かれています。

 

津波防災の日

毎年11月5日は、津波防災の日に定められています。

東日本大震災をきっかけに、津波の脅威への関心が高まりました。

津波防災の日

そこで、津波対策への理解や知識を深めるために津波防災の日が制定されました。

ちなみに11月5日は、「世界津波の日」にも制定されています。

 

11月5日というのは、1854年に発生した安政南海地震の発生日に由来しています。

この地震で発生した津波が和歌山を襲った時、村人が稲むらに火をつけることで警報を発し、早期に避難させたことにより多くの村民の命を救ったという実話があります。

この話が津波対応のお手本となるため、津波防災の日に指定されたのですね。

 

防災の日 まとめ

2019年防災週間は、8月30日~9月5日となっています。

今年も様々なイベントが予定されていますので、お時間がある時にでも、近くのイベントに参加してみてください。

防災の日2

自治体が主体となり実施されるので、会社で行われる防災訓練とは一味違う体験ができると思います。

災害時の行動をマスターするためにも、防災の火を有効に活用してくださいね。